URL:http://www.pref.osaka.lg.jp/jumachi/advice/
中段『PDFファイル』冊子9ページに掲載!!

  • ◇親と離れて住んでいて気にはしているが、仕事が忙しく電話をかけそびれている
  • ◇仕事はしているけど病気をしてから毎日が心配
  • ◇もし誰もいない時に倒れてそのままになったら・・・不安
  • ◇夫婦で暮らしているけど夫は病気がちで、もしもの時が心配
安否確認でんわはご利用者様に決まった時刻と回数に電話をかけ、ご様子を伺います 。
そして事前にお伺いしてるご親族又はご近所の方などに連絡をします(※オプション)のでご本人様も周りの方々も安心です。 「体調は如何ですか?」「今日はよいお天気ですね」と何気ない会話で寄り添う “電話ともだち”になります。
  • ご希望の曜日・時間帯をお選びいただけます。決まった曜日・時刻にご利用者様にお電話をおかけします。※自動音声と対人
  • 体調やご様子の確認、お食事・お薬をとられたかなどご本人の負担にならないようにお話します。※対人の場合2分まで。
  • お電話の都度、ご家族の方などの携帯電話のメールにご報告いたします。

安否確認でんわの役割

現代の社会問題に向き合って

「自分は孤独ではない。少しでも気にかけてくれる人がいる」

この電話ともだちは電話という手段で高齢者や独居の方に安否確認と安心を提供し、 孤独感そして社会や地域からの疎外感を緩和する役目を担いたいと考えています。 特に独居高齢者が体調の悪い時に早めに関係機関に連絡を取るための誘い水となる効果があります。 孤独死を防ぐまでには及びませんが、 定期的に連絡をとるシステムなので 何週間も誰にも知られずにという状況を防ぐ方法の一つと位置づけています。

この安否確認でんわは・・・

この安否確認でんわは老若男女を問わず、また独居の方だけの利用に限ったものではありません。 夫婦とも高齢で介護をしている、伴侶が病気がち、家族が障害をもっていて倒れた時に通報ができず日が経って発見されるなど現実におこっている社会問題に向き合い、 事件や事故を未然に防ぐことの一助になると思います。 現実に年若でも一人暮らしで連絡が取れず知人が心配して訪問し倒れているところを発見されたという事例は数多くあります

電話ともだちは・・・

電話ともだちは緊急時に駆けつける、救急車を呼ぶなどの対応は行っておりません。 しかし一刻を争う事態ではなく何気ない会話で「大事に至ったり手遅れになる事を防ぐ」救える命があるかもしれません。 そして人間関係が希薄になったと言われる現代社会に1本の電話で安心を繋ぎ、 ほど良い距離で人の心に寄り添う存在“電話ともだち”でありたいと願っています

■2014年9月15日発行
2013年4月1日発行チラシ【電話ともだち 安否確認】
COPYRIGHT © 2013 CLOVER Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.